感暦+

海外サイトの気になる記事や国内の時事ネタを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Flash Player「10.1.85.3」が公開、Google Chromeは注意が必要?

Adobe SystemsがFlash Playerの最新版「10.1.85.3」を公開しました。

Adobe Flash Playerのインストール

脆弱性対策がされていることで、
管理人も早速更新しようとしたのですが、

chromeflash.png
Google Chromeブラウザーには、最新のAdobe® Flash® Player(内蔵)が既に統合されています。

えっ?

口から出任せとはこういうことなのでしょうか……と思いつつ、
手動でアンインストールを行い、再度アクセスすると
chromeflash.png
Google Chromeブラウザーには、最新のAdobe® Flash® Player(内蔵)が既に統合されています。

これはひどい(もちろん、Flashは見られなくなっています)

というわけで泥沼に陥った管理人ですが備忘録を兼ねて以下に解決方法を紹介します。

インストール時に「インティグリティチェックに合格しませんでした」エラーが表示される(Windows 版 Flash Player 10)


ここにアクセスしてページ中程の
chromeflasha.png
「その他の Web ブラウザ用 Flash Player プラグイン」を選択します。

chromeflashinst.jpg
「install_flash_player.exe」をダウンロードし実行してインストールします。

chromeflashb.png
無事完了。

Devだけの現象なのかはわかりませんが、正直、管理人としてはこれはいただけないと思いました。
特にこのバージョンアップは機能ではなくて脆弱性対策なので、
Adobeが原因なのかGoogleが原因なのかわかりませんが
もう少しユーザーフレンドリーをお願いしたいと思いました。

関連記事
[ 2010/09/21 15:40 ] Internet | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Recent


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。